Blog

パーマ・アイロンについてのご質問

2015.10.14
Q・アイロンパーマとアイパーって違うものなんですか?

A・よくアイロンパーマの略がアイパーと思っている方がいらっしゃいますが、実際は違います。共に熱したコテ(アイロン)を使う技術ですが、作り上げるスタイルが異なります。アイロンパーマは主に丸型や多角形のアイロンを使い、カールやウェーブを作り出すものであり、俗にいう「パンチパーマ」はアイロンパーマによって作り出すスタイルです。アイパーとは平型のアイロンを使い、キッチリとしたスタイルを作ったり、サイドのボリュームを抑えたりするもので、「リーゼントアイパー」等がアイパーによる代表的なスタイルです。

 

Q・アイロンを使って巻くパーマとロッドを使って巻くパーマは何が違うのでしょうか?

A・アイロンパーマとロッドを使うパーマ(一般にコールド二浴式)にはそれぞれ特性があります。アイロンパーマは、1センチ位の短い髪にも施術ができ、一般のパーマより短時間でできる、髪が乾いているときに効果を発揮する、技術者のスキルによって仕上がりにかなりの差が出るといった特徴があり、コールドパーマは、大小様々な大きさのロッドやピンなどがあるので色々なニュアンスのスタイルに応対できる、髪が濡れている時(整髪料をつけている)に効果を発揮する、アイロンよりも強いウェーブが出しやすいといった特徴があります。スタイリストさんと相談して、状況によって使い分けて頂ければと思います。

 

Q・美容院でパーマをかけた後、自宅でカラーをしようと思っているのですが、順番としては先にパーマをかけた後にカラーをした方がいいのでしょうか?それとも逆?

A・順番としては必ずパーマ⇒カラーの順で行ってください。先にカラーから行ってしまうと、パーマ液の作用によってカラーが落ちてしまいます。尚、出来る事ならパーマとカラーは同じ日に施術するのは避けた方がいいでしょう。他の質問でも書きましたが、パーマもカラーも1~2日で形や色が形成されるので、形成前にカラーを行うとパーマかかり具合にも若干影響があります。また、頭皮や髪にも相当な負担・ダメージが伴うという事もご理解ください。